炭水化物ダイエットのやり方や効果。メニューや食べていいものは?

炭水化物ダイエット ダイエット

炭水化物ダイエットは炭水化物の中にある糖質を減らすダイエットです。

炭水化物ダイエットで食べてもいいのは、少量の糖質とたんぱく質や脂質、食物繊維が多い野菜などです。

炭水化物ダイエットはやり方を間違えてしまうと、リバウンドしたり、体調が悪くなったりしてしまいます。

炭水化物ダイエットの正しい方法は?炭水化物ダイエットでリバウンドしないためには?

こんな疑問を持っている皆さんに炭水化物ダイエットのやり方や、食べてもいい物をまとめました!

炭水化物ダイエットの詳しいやり方

炭水化物ダイエットやり方

炭水化物ダイエットは炭水化物に含まれる糖質を減らすダイエットです。
糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたものです。

炭水化物ダイエットは糖質に含まれるブドウ糖を減らして、体の体脂肪を分解させることで痩せます。

炭水化物ダイエットで1日に食べられる糖質は70~130gですが、その代わりにたんぱく質や脂質などを摂る必要があります。
糖質が減ってしまうと、体のエネルギーが足りなくなってしまうからです。
たんぱく質を食べると筋肉がつき、代謝が良くなって痩せやすくなります。

炭水化物ダイエットは、お腹がすいたら、たんぱく質などたくさん食べられるのがメリットですね。摂取カロリーを超えてしまうと、痩せられないので食べる量は気付けましょう。

3食または間食を摂って、摂取カロリーをしっかりとる必要があります。
空腹になると体は筋肉を分解して、脂肪をためてしまうのでしっかりご飯を食べましょう。

極端な糖質制限はやめてください。リバウンドしやすくなり、低糖質はイライラや頭痛の原因になります。1食に20gは糖を摂らないといけません。

炭水化物ダイエットの後に、炭水化物をたくさん食べると、リバウンドします。
血糖値が急激に上昇して、糖の吸収が活発になるからです。
目標の体重になったら、一気に炭水化物を摂らずに、皆さんは少しずつ元の食事に戻しましょう。

また以下の人は炭水化物ダイエットをしてはいけません

  • 肝臓や腎臓に持病がある人
  • 血糖値を下げる薬を飲んでいる人
  • インスリン注射を打っている人
  • たんぱく質や脂質をエネルギーに変えにくい人

炭水化物ダイエットは無理のない範囲で行いましょう。

炭水化物ダイエットって効果いつからでるの?

いつから効果

炭水化物ダイエットの効果が出始めるのは、2週間から3か月ほどかかります。
体がケトン体を作り始めるのに1週間かかるからです。
ケトン体は、糖質のブドウ糖が少なくなった後に、体脂肪を分解してくれます。

ダイエットを始めて1週間ほどは、水分や糖質によって体重が減っていて、脂肪が減っているわけではありません。
糖が少なくなると、ミネラルも減ってしまうので、しっかりと水分補給をしましょう。
個人差はありますが、ケトン体によって脂肪が減るのは、2週間から3か月ほどかかります。

ケトンが実際に出ているかは、試験紙などで、確認することができます。
通販でも売られているので、気になった人は買ってみましょう。

ダイエットを始めて糖質制限しているのに痩せないことがあります。
皆さんが思っているより、糖質はいろんな製品に入っているからです。
例えば、糖質0の製品でも、100gに0.5gほど糖質が入っている場合があります。
食べ物を買うときは、成分表を確認してみましょう。

他にも痩せにくいときは、筋肉が落ちている可能性があります。
脂肪と一緒に筋肉が落ちて、代謝が悪く痩せにくい体になっているからです。
筋肉を増やすために、有酸素運動のウォーキングや筋トレをしてみましょう。
痩せやすい体は、筋肉が多い体です。

炭水化物ダイエットでおすすめメニューや食べていい物

炭水化物ダイエットするなら、食事を置き換えするのがおすすめ。
いま話題の置き換えダイエット「オルチャニスト」でスリムボディを目指しましょう。
オルチャニストの口コミや効果を調査!痩せる?痩せない?その評価はいかに!

炭水化物ダイエットで食べていいメニューは、肉卵魚などのたんぱく質や野菜などの食物繊維です。

豚肉は脂肪の多いバラやロースは控えて、赤みの多いヒレやモモがおすすめで、鶏肉は皮を外して、お肉の部分を食べましょう。

魚は白身魚やマグロやカツオなどの赤身魚を食べて、豆乳は無調整のものを買ってください。

炭水化物ダイエットは、糖質を減らす代わりに、たんぱく質や脂質をたくさん食べるダイエットです。摂取カロリーを超えると太ってしまうのでほどほどにしましょう。

野菜は糖質が多いものは控えましょう。
ジャガイモやカボチャなどのでんぷんが多い野菜や、土の下で育つ野菜は糖質が多いので注意が必要です。

便秘が気になるなら、食物繊維たっぷりの海藻類やキノコを食べましょう。
小腹がすいたときのおやつは、油やビタミン、ミネラルを摂れるナッツがおすすめです。
コンビニでは糖質が少ない商品も売られています。

醤油や味噌などの調味料は、糖質がたくさん入っているので、あっさりとした塩味の料理を食べましょう。

ご飯を食べる場合は、糖質が1杯で57gもあるので、3分の1や半分くらいの量がおすすめです。

【まとめ】炭水化物ダイエット

炭水化物は糖質を減らすダイエットです。

炭水化物ダイエットで1日に食べられる糖質は、70~130gほどになります。

炭水化物の代わりにたんぱく質や脂質をしっかりと摂りましょう。

極端な糖質制限は、リバウンドしやすいので、1食20gは糖質を摂るべきです。

糖質制限をした後に、急に糖質を摂ると、太りやすくなるので、糖質は少しずつ摂りましょう。

炭水化物ダイエットの効果が出始めるのは、2週間から3か月ほどかかります。

炭水ダイエットで食べていいメニューは、肉卵魚などのたんぱく質や野菜などの食物繊維です。

皆さんが炭水化物ダイエットをする場合は、ぜひ参考にしてください!

タイトルとURLをコピーしました